内村 航平の世界体操金メダルについて

JUGEMテーマ:日記・一般
 内村 航平の世界体操金メダルについて

世界体操が行われていましたが、女子の体操の演技では日本勢はあまりふるわず、

上位に食い込むことはできませんでした。

前評判では女子の鶴見さんや田中さんは入賞圏内にいるのでは?

なんて騒がれてはいましたが、ふたを開けてみたら決勝に残った選手の中で↓の方の順位でした。

残念な結果ではありましたが、つぎのロンドンオリンピックには、この悔しさをばねにして大きく飛躍してほしいです。

一方、男子の個人戦決勝があり、内村航平選手が見事!金メダル!を獲得しました。

団体の決勝では、鉄棒でまさかの落下!金メダルを逃してしまいました。

しかし、個人の決勝では本来の実力通りの演技(完璧な)で他の選手とは一線を画した感じで、圧倒

的な金メダルではなかっただろうか。

何よりも内村選手の凄いところは、「着地」だろう。

床の演技では、他の選手は着地で床の弾力を吸収できず、弾んでしまう。

内村航平だけは違った。

足に不安を抱えながらも床に接着剤が塗らているのでは?と錯覚させられるくらいの吸引力!

まさに神業。

3位に入った日本選手にも賞賛を贈りたい。

なかなか個人ではメダルを獲れないでいた日本体操陣。

世界体操で久しぶりの体操日本!を魅せてくれた。

ロンドンオリンピックではさらなる期待が余儀なくされる。

プレッシャーを撥ね退けて是非悲願達成!となってほしい。