七五三はなぜやるべきなのか

JUGEMテーマ:自然な育児




七五三はなぜやるべきなのか


SAKURAKO - The Seven-Five-Three Festival.SAKURAKO - The Seven-Five-Three Festival. / MJ/TR (´・ω・)


夏が終わると、もう七五三の準備ぴのこ:)



我が家にも3歳の娘がいるので、写真やら着物やらで今から騒いでおります涙








七五三とは


七五三とは、子供の成長を祝う行事の一つで、子供が3歳、5歳、7歳になったことを祝います。

七五三では、男の子と女の子で祝う歳が違い、男の子は5歳で、女の子は3歳と7歳で行われます。

七五三は、三歳から髪を伸ばし始める「髪置き」五歳の男児が袴を着用する「着袴」七歳の女児が紐付の子供用のきものから、本仕立てのきものを着る「帯解き」が始まりです。

乳児死亡率の高かった近世以前は、子供は神からの預かりものなので7歳までは神様である、という考え方をしていました。(子供が夭折しても「神様の元に帰った」と、気持ちを慰めていたんですね。)

そこで、無事に子供が育っていることを神に感謝するとともに、成人までの通過儀礼として、三歳・五歳・七歳にお祝いの儀式をしたのです。現在では日本全国に広まっている年中行事の一つですが、もともとは関東地方だけの風習でした。

奇数を陽、偶数を陰とする陰陽道から、奇数年齢にお祝いを行っていました。

3と7は聖数の中で特に女性数と考えられていましたので、三歳と七歳は女の子、五歳は男の子がお祝いをしますが、地域によっても違いがあります。もっとも江戸時代に入ると、男性上位の儒教が庶民生活にも浸透してきましたので、男児が女児よりもお祝いの回数が少ないのはよろしくないということで、男児も七歳のお祝いを行なっていたそうです。




女の子の節句にはお金がかかるわ〜kyu





七五三写真を撮るなら日本最大級の写真館予約サイトへGo♪


子供と記念撮影するならこちらへ






コメント