ぽかける倶楽部で8月5日の土用の丑の日に成田で鰻を食べるツアー

JUGEMテーマ:日帰りの旅


ぽかける倶楽部で8月5日の土用の丑の日に成田で鰻を食べるツアー
「廣川」の鰻 / is_kyoto_jp

2015年の夏は「土用の丑の日」が2日ありますよね。

7月24日と8月5日。

夏になるとなんだかが食べたくなるんです♪

鰻白焼き(浜名湖産) / is_kyoto_jp

でも、なんで土用の丑の日にうな重ヲ食べるのでしょうね。


「土用の丑の日」に鰻を食べる理由
日本人は夏の丑の日にウナギ屋さんに行列をなしてうな重やらウナギのかば焼きやらを食べますよね。
なんでこんな風習が生まれたのでしょうか。

私たちが知っているう、丑の日にウナギを食べる理由は、「夏バテ防止」ということですよね。
でも、本当の理由は、江戸時代、平賀源内が、夏にウナギが売れない!といううなぎ屋に、本日丑の日という張り紙を張るように言ったそうです。
すると、うなぎ屋に、たくさんのお客さんが集まるようになったのだとか。
もともと夏の丑の日に「う」で始まる食べ物を食べると夏バテをしない。という風習が昔あったそうですね。

これを平賀源内が利用して、冬の鰻から、夏の鰻へと変換させたそうですね。


成田の鰻がおいしい理由
成田は、利根川と印旛沼に挟まれている土地であることから、昔から鰻がよく獲れたそうです。成田の表参道でうなぎの看板が軒を連ねるのには、こういう理由があったのですね。
あと、江戸時代の「成田の発展とうなぎを食べる習慣の広がり」も関係がありそうですね。
成田はうなぎが多く獲れる土地柄なので、おいしいウナギもたくさんいるわけです。

成田の老舗うなぎを食べるツアー


成田といえば、「成田ウナギ祭り」や「成田うなぎパン」も有名です。

成田ウナギ祭りは2015年は7月17日金曜日から8月23日日曜日まで行われる大きなイベントですね。
なんと、98店舗が参加しているお祭りなんだとか。
うなぎのかば焼きはもちろんのこと、ウナギを使ったデザートまで味わえちゃう成田ならではのお祭りです。
王道のうな重も良いですが、てんぷら屋さんのうなぎや、すし屋のうなぎ、蕎麦屋のうなぎなどもあって、成田でしか味わえないウナギ料理を堪能できそうですね。


成田の老舗うなぎを食べるツアー


成田の人気うなぎ屋 
成田はウナギ店が数多くありますが、なかでも「うなぎ新川」は人気ですよね。
連日予約客でごった返しているそうで、週末は予約も取れない状態なんだとか。
お店自体は大きなお店ではないそうですが、、新川の御主人が焼くウナギは格別。
最高の焼き具合と大きなうなぎ。そして安い!
うなぎ新川は、持ち帰りもできるそうなので電話予約してみるのも良いですね。


東京駅から日帰りで行ける!2015土用の丑の日に成田の老舗ウナギツアー

























コメント